大人気FPSシリーズ『BF2042』について!

ゲーム

今回は、人気オンラインFPSゲーム『バトルフィールド』の新作『BF2042』について紹介します。

まずは、『バトルフィールド』って何?人の為に色々と紹介していきたいと思います。

『バトルフィールド』とは?

バトルフィールドシリーズは、大きなマップやチームワーク、車両戦争、オンラインマルチプレイに焦点を当てている。

2002年の1作目の発売以来、通算して13作品が発売されており、発売後に拡張パックが配信されたものもある。

プレイヤーは、それぞれの軍隊の一兵士となって自軍の勝利を目指して戦うことが目的であり、様々な戦場を疑似体験できる。
『バトルフィールド1943』
では、大型FPSゲームとしては初めて、Xbox LiveおよびPlayStation Networkでのダウンロード販売に参入した。

発売年作品名ストーリー舞台設定時代設定
2002年バトルフィールド 1942第二次世界大戦世界各地1942年
2004年バトルフィールド ベトナムベトナム戦争ベトナム 1960-75年
2005年バトルフィールド 2アジアでの現代戦アジア、中東2007年
2005年バトルフィールド 2 モダンコンバット架空の現代戦カザフスタン現代
2006年バトルフィールド 2142未来の氷河期の戦争世界各地2142年
2008年バトルフィールド:バッドカンパニー架空の現代戦中央アジア,中東現代
2008年バトルフィールド 1943第二次世界大戦太平洋1943年
2010年バトルフィールド バッドカンパニー2架空の現代戦世界各地1944年-現代
2011年バトルフィールド 3架空の現代戦イラン2014年
2013年バトルフィールド 4架空の現代戦中国2020年
2015年バトルフィールド ハードライン警察,犯罪者との抗争アメリカ2012年
2016年バトルフィールド 1第一次世界大戦,ロシア内戦欧州,中東,ロシア1914年-1919年
2018年バトルフィールド Ⅴ第二次世界大戦欧州,北アフリカ,太平洋1942年-1945年
2021年バトルフィールド 2042架空の現代戦アメリカ,ロシア2042年

人気を留まる事無く、今現在こんなに種類が出ているんですね、そしてきっとこれからもどんどん増えていくでしょう。

『BF2042』について

ストーリー

「混沌の10年」と呼ばれる世界的な窮地を背景に、「ノン・パトリエイト」(非国家系)、通称「ノーパット」と呼ばれる国家を軸としない人々の巨大なコミュニティが誕生。テクノロジーの進歩により再構築された国家と反発する姿勢を見せた。

そんな中、大国であるアメリカ合衆国とロシアが全面戦争を開始。世界中で戦いが始まる中、両国はかつて軍事および戦闘訓練を受けたノーパットのスペシャリストを戦いに参加させる事を決意。ノーパット達はどちらの勢力につくかを決定し、武器を取る。

ゲームシステム

本作ではキャンペーンモードが無くなり、これまでのシリーズで最大64人だったものが、初めて最大128人対戦に対応している。
マルチプレイのゲームルールには、コンクエスト、ブレークスルー、ハザードゾーンが実装されている。
マップは、オービット、アワーグラス、カレイドスコープ、マニフェスト、ディスカード、ブレイクウェイ、リニューアルがある。
他にもAIを用いたBOT兵士が導入されている。これはソロで練習したり、フレンドとパーティを組んで少人数でプレイするといった使い方ができる。

スペシャリスト

シリーズで初めて導入された要素として、兵科固有の能力をもつスペシャリストというシステムが実装されている。これに伴い、これまでに兵科選択で採用されてきたクラス制が廃止された。各スペシャリストには、それぞれ異なった専門技能を持ち、それ以外の装備品はフルカスタマイズして出撃可能となっている。
発売時点では10人のスペシャリストが実装されているが、発売後のアップデートにより順次新たなスペシャリストが追加予定である。


キンブル・グレーブス コードネーム:アイリッシュ
アメリカ合衆国出身。スペシャリスト達の司令官でアメリカ海兵隊出身。
「防衛強化システム」 – 銃弾や爆発物を退けるバリケードおよび、爆発物を破壊するタレット。
「ベテラン」 – アーマーが強化。倒された敵からの追加ボーナス。

ウェブスター・マケイ

カナダ出身。十代でカナダ陸軍に入隊し、対テロ特殊部隊であるJTF-2に所属した。
「グラップリングフック」 – 壁に吸着するロープを発射して、自分の体を吸着位置まで引き寄せる。
「俊敏」 – 銃のサイトを覗いた状態での移動速度が速い。

マリア・ファルック

ドイツ出身。ドイツ連邦軍に衛生兵として6年間勤務し、失踪した息子の行方を探している。
「注射器ピストル」 – 味方に注射器を発射して回復させる。敵に発射するとダメージを与える。
「軍医」 – ダウンした味方を蘇生する。

ピョートル・ガスコヴィスキィ コードネーム:ボリス

ロシア出身。権力のためスペシャリストとなった野心家で、軍では防衛戦術に長けた。
「SG-36セントリーシステム」 – 特定のエリア内で検出された敵を自動的にスポットする。
「セントリーオペレーター」 – セントリーガンでロックオンした対象をスポットする。

ウィカス・ヴァン・デール コードネーム:キャスパー

南アフリカ出身。優秀な斥候であり、偽の殺人容疑をかけられ国外へ逃亡した。
「OV-P偵察ドローン」 – 動く標的をスポットし、EMPにより敵を混乱させる。
「モーションセンサー」 – 敵の接近を警告してくれる。

ナヴィン・ラオ

インド出身。海兵コマンド出身でハッキングの名手。
「電子戦用装備」- 敵の設備をジャミングしたり、タレットなどを遠隔操作したりする。
「トロイのネットワーク」- ハッキングにより敵の情報を得る。

サンティアゴ・エスピノーザ コードネーム:ドーザー

メキシコ出身。元アメリカ陸軍の兵士で母国でガンスミスをしていた。
「SOB-8 バリスティックシールド」 - 銃弾を避けたり、障壁を破るシールド。
「ブラスト・レジスタント」 – 爆破ダメージを受けにくくなる。

エマ・ロジエ コードネーム:サンダンス

フランス出身。犯罪シンジケートを経て軍に加入、破壊工作のエキスパート。
「スマート・エクスプローシブ」- 対装甲やEMPなどガジェット無力化用の手榴弾。
「ウイングスーツ・オペレーター」- パラシュートの代わりに使用し、より自由に滑空する。

コンスタンティン・アンジェル コードネーム:エンジェル

ルーマニア出身。メカニックの家系であり、海軍では整備兵として活躍した。
「装備箱」 – 弾薬やアーマーなどを供給できる箱。
「トラウマ・スペシャリスト」 – 蘇生した相手にアーマーポイントが付与される。

ジス・パイク

韓国出身。特殊戦司令部の一員で潜入のプロ。
「EMG-X スキャナー」 – 壁越しでも敵をスキャンする。
「脅威感知」 – ダメージを受けたときに位置を割り出せる。

まとめ

実は、僕自称FPS大好きなんですが、『バトルフィールド』シリーズは3を持ってるだけでプレイした事無いんですよね、ずっとやってみたいと思いながらその時やっている違うFPSゲームをやってしまう癖でプレイした事が無いんです。

いつか、いつか!新作が出た時に買ってプレイしようとは思っています、前にCoDをプレイした時は「うーん、求めてるのはこれじゃない」って感じだったので『バトルフィールド』には期待しています。

いつか『バトルフィールド』配信しながらプレイ出来たらいいなぁ… もし配信したら見て下さい笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました